<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

カミツキガメ、兵庫・明石の公園で捕まえる

カミツキガメ:口を開け威嚇…兵庫・明石の公園で捕まえる

 23日午前6時半ごろ、兵庫県明石市の県立明石公園で、芝生の上に見慣れないカメがいるのを出勤中の男性が発見し、県警明石署員が捕獲した。外来生物法で輸入や飼育が禁じられているカミツキガメとみられ、飼い主が飼育に困って捨てたとみて調べている。>>続きを読む

 カメは甲羅の長さ約40センチ、幅約30センチ。発見時、泥だらけだった。泥だらけだとわかりづらいよねぇ。

donpachikun * 話題 * 21:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ダウラギリを無酸素登頂制覇!

ダウラギリ:栗城史多さん登頂成功…単独、無酸素で

 無酸素による七大陸最高峰制覇を目指す札幌市の登山家、栗城史多(くりき・のぶかず)さん(26)=北海道今金町出身=が18日、ヒマラヤ山脈にある世界第7位のダウラギリ(8167メートル、ネパール)への登頂に成功した。>>続きを読む

 この人、本当にエベレストをやってしまうかもしれない・・・

donpachikun * 話題 * 11:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

赤いラッセル車、お疲れさま JR飯山

赤いラッセル車、お疲れさま JR飯山・大糸線から引退

 JR飯山線と大糸線で30年近く線路の雪をかき分けてきた「赤いラッセル車」が、この冬で引退する。豪雪地帯の鉄路を守り、特に始発電車を時間通りに走らせる「使命」を果たした。しかし、老朽化と除雪技術の進歩には勝てない。「お疲れさま」。ともに雪と闘った運転士たちは感謝の気持ちでいっぱいだ。>>続きを読む

 赤いラッセル車の後継として、JR東日本は新型除雪車「投排雪保守用車」を昨秋、飯山線に2台、大糸線に1台配備したらしい。新型車は青色で、雪を25〜40メートル離れた場所に飛ばせるのが最大の持ち味だという。かつて、ロータリー車と呼ばれる奴があったと思うが、それに近いのかなぁ〜。

実際に仕事をやっているところを見てみたいですね。

donpachikun * 話題 * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

失われた都市アトランティスだと思ったら、ボートの進行筋道

Googleが“失われた都市”アトランティスを発見?!

な〜んか、残念ですねぇ。

一瞬期待したんですがねぇ。

ボートの筋道が写るというのは、早く改善した方通いですなぁ〜

donpachikun * 話題 * 23:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

一村一品大会、エコ時代にふさわしくマキストーブが優秀賞

教室にまきストーブ、雲ケ畑中に最優秀賞 一村一品大会 asahi.com

今はエコの時代だからでしょうね。全く逆の時代だったらどうなんでしょうか?まあ、逆の時代はもう来そうにないですが。

donpachikun * 話題 * 23:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

話題沸騰  白イチゴ

最近、ブログやマスコミで取り上げられ、まさに話題沸騰中の“白いイチゴ”。なぜ急にこんなイチゴが出てきたのだろう。熟していないだけじゃないのか?

そんな疑問を解決すべく、この品種の開発元に直撃取材を試みた。話を伺ったのは、山梨県小淵沢町にある三好アグリテック株式会社。ここの広報を務める堀谷さんだ。

・・・

話題沸騰 “白イチゴ”の秘密に迫る!

白いイチゴって、な〜んか、キモくないですかぁ〜。なんで話題沸騰なんだ?

donpachikun * 話題 * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

移植サンゴすくすく…沖縄で20年前の環境再生目指す

日本最大のサンゴ礁が広がる沖縄・石西礁湖(せきせいしょうこ)で、環境省と東京海洋大が、サンゴの赤ちゃんを移植する再生事業を進めている。

 セラミック製の器具に着床したサンゴの受精卵を1〜2センチの幼生まで育ててから移す。2004年度に始め、これまでに約7500個のサンゴを移し終えた。昨年移植した場所からは、約10センチに成長したエダサンゴも確認された。今年は約5000個を移す。

 成長したサンゴは約8年で産卵を始める。同大の岡本峰雄准教授は「20年前のような海底環境が再生されるだろう」と期待する。

 石西礁湖は、石垣島と西表島の間の海域。オニヒトデの大発生や白化現象などの影響で壊滅的な被害を受け、サンゴ礁は盛時の約2割にまで減少している。

(2009年2月7日13時28分  読売新聞)

移植サンゴすくすく…沖縄で20年前の環境再生目指す

珊瑚を人工的に育てることが出来るんですね。これはあちこちに広めると良いですね。

donpachikun * 話題 * 20:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

マルちゃん がんばれ!受験生応援会で武田鉄矢

 マルちゃん「赤いきつね」のCMでおなじみ、歌手で俳優の武田鉄矢さん(59)が大学受験を間近に控えた予備校生400人の前で授業を行い、自らの浪人体験を交えた受験生の心得を披露した。さすがは“金八先生”。話は受験生に有益で、かつ重みのあるものばかりだった。授業の様子をご紹介したい。
・・・続きは夕刊フジBLOG
マルちゃん がんばれ!受験生応援会

夜中に食ったインスタントラーメンは、確かにうまかったなぁ〜

donpachikun * 話題 * 21:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ